こんにちわ、僕です。


個人的にずっと心待ちにしていた、アクワイアさんの「宇宙の寿司」iOS版が先日やっとリリースされました。今日はこの「宇宙の寿司」をレビューしたいと思います。アクワイアさんといえば何気にガンホーさんの子会社ですね。

「宇宙の寿司」。タイトルからはゲーム性はおろかストーリーすら何ひとつ想像がつきません。一体どんなゲームなのでしょう。


宇宙一の寿司職人を目指して宇宙を旅するゲーム

寿司職人のジローが「寿司」を極めるため宇宙一の寿司職人を目指して旅をする、というのがストーリーです。思いの外そのまんまでした。

ゲームは惑星間を移動しながら、ネタであるギョジュウを狩って行きます。狩りで手に入れた素材をもとに寿司を握り、それぞれの星の住人を満足させられればクリアー、と言った具合にゲームは進んでいきます。

ギョジュウを狩るのが爽快


とにかく戦闘が爽快です。次々と巣穴から湧いてくるギョジュウを斬り倒していくのですが、ワラワラ感が半端ないです。イメージとしては「なんとか無双」系です。

スマホでここまでの爽快感を実現したタイトルはなかなかないのでしょうか。

写真 2015-05-21 23 22 14-min


トラックボール風コントローラーがいい感じ

ワラワラ湧いてくるモンスターをバッサバッサと狩りまくる爽快感を実現している要素のひとつに、独特のコントローラーの存在が大きいでしょう。

写真 2015-05-21 23 23 15-min

例えるならトラックボールマウスのような中央に配置された球体をコロコロすることにより、キャラクターを前後左右に操作できます。

攻撃はオートで、キャラクターがモンスターに接触することで攻撃できます。

このトラックボールの操作感が割と気持よくていい感じ!リアルに存在するUIをスマホゲームに転用することはかなり正解です。

ただただ画面をタップするだけではなく、操作することそのものに楽しさや気持ちよさを付加価値として提供する。これは任天堂のWiiや3DSの設計思想に近い考え方ですね。


ランダムマップ

もう一点、このゲームは同じクエストであっても同じマップは2つと存在しません。ローグライク系でおなじみのランダムマップ制を採用しているからです。

おかげでソーシャルゲームに有りがちな同じステージを延々とやらされる苦痛を味わうことはないわけですね。これぞ親切設計。他のデベロッパーさんにも見習ってほしいところです。


お寿司が美味しそう!

宇宙の寿司と言うだけあって、キャラクターの強化には「寿司」を使います。

「寿司」はガチャを一回引くごとに一つゲット出来る仕組みになっています。この寿司のイラストが結構美味しそうに描かれていて、サブリミナル的にお寿司が食べたくなるんです。下の画面キャプチャーをご覧下さい。美味しそう!

写真 2015-05-19 0 47 20-min

食べ物のイラストは非常に難しいのですが、このゲームに登場する寿司の数々はどれも美味しそうに描かれているので驚きです。明日ははお寿司を食べよう!


★  ★  ★


ということで「宇宙の寿司」、レビューしました。最近ではこれだけプレイしていてストレスのないゲームは久々です。全力でオススメできます、「宇宙の寿司」。是非、プレイしてみて下さい。

それでは今日ははこの辺で。
ではまたー。