こんにちわ、僕です。


以前にも書いた気がしますが、歯のケアはとても大切です。僕もかつては歯のケアをさぼっていて、その御蔭で数年前に大規模な歯の治療をすることになりました。その時に歯の磨き方がなっていないということで色々とイチからレクチャーされました。

その後、歯磨きにこだわりはじめた僕は自分に合った歯ブラシを探すため、様々な歯ブラシを試しました。その過程で出会った歯ブラシがコレです。

EBISU プレミアムケア

写真 2015-04-17 8 28 22-min


このEBISUというメーカーはテレビCMや広告などをほとんど打っていない(少なくとも関東圏では見たことがない)ので全く知らないブランドだったのですが、Amazonでの評価が異様に高く気になって購入しました。

よく探せばドラッグストアでも売っています。300円弱で買えます。スタンダードな歯ブラシは100円〜200円弱で購入できるので多少高級な部類に入るのでしょうか。

一番の特徴はブラシを構成する毛の本数が他社製品に比べて圧倒的に多いことです。レギュラーサイズで48穴、一般的な歯ブラシと比較すると2倍の植毛量になるそうです。

写真 2015-04-17 8 30 17-min

植毛量が多いことでブラシが歯に接触する面積が大きいというメリットを生み出しています。これによって何がいいかというと、バス法とスクラッピング法という2種類の磨き方を意識せず実行できるところだそうです。

※1 バス法とは、歯と歯肉の境目に45 度の角度で歯ブラシの毛先をあてる磨き方。
※2 スクラッピング法とは、歯面に対して90 度の角度で歯ブラシの毛先をあてる磨き方。

使ってみた感想としては、とにかく気持ちいいの一言です。最初は多少痛く感じる人もいるかも知れませんが、慣れてしまうとコレ以外の歯ブラシでは満足できなくなるほどです。

磨き方にもコツがあります。歯の表面を磨くように動かすのではなく、歯と歯の間を掃除するような感覚で歯ブラシを動かします。それから歯と歯肉の境目をなぞるように動かすとさらに良し。昔歯医者さんで、歯を一本ごとに円を描くように磨くイメージで、と言われたこともあります。歯全体をまとめて磨くように大きく歯ブラシを動かしてしまうと歯間のゴミを除去できませんので気を付けましょう。


★  ★  ★


以前にも書きましたが、歯のケアは顔の表情に大きく影響します。それに歯が汚いと見た目の印象も良くありません。それに口臭も抑えられますので、そういった基本的な意味でも気を付けたほうがいいでしょう。

とは言え、やり過ぎも禁物です。血が出るほど磨いてしまうとかえって逆効果ですので気をつけましょう。


それでは今日はこの辺で。
でわまたー。